資金繰りとしての考え方は

  • 資金繰りとしての考え方は

    • 資金は余っている状態がベストであるのかどうかは考えものです。

      要するに企業にとって、内部留保はとても大事ですが、それは運用に回すことができれば、そこで利益がまた生まれます。

      或いは営業の拡大の為に使うこともあります。余らせていることは、個人でもそうですが、無駄になります。但し、この無駄が後で役に立つ場合もあり、判断が非常に微妙です。
      特に資金繰りで困る、と言うのは企業としては致命的です。

      改善できる方法はいくつもありますが、色々な手間を考えると資金繰りに不安がないのがベストです。
      しかし、その方法は知っておいたほうが良いです。
      一つは、手形であり、これが極めて有効的です。


      様々なサービスや商売を提供しているわけですが、それの料金の支払いとして手形があります。

      お手軽な即日のファクタリングの情報はこちらです。

      これを受取手形といいますが、何ヵ月後に支払ってもらう約束をするような形の債権になります。



      これが資金繰りに問題を発生させることがある要因の一つになっています。


      要するに支払いが後なので、どうしても資金を回すのにショートしてしまう場合があります。



      その時に困るわけですが、この手形は割引をしてもらって、現金化できる可能性があります。

      これは絶対ではないですが、金融機関の多くがそうしたサービスを提供しています。
      割引率の違いなどがありますから、少しでも良い所を見つけるのが得になりますから、日ごろから馴染みの金融機関に話をつけておくとよいです。それが資金繰りにとって大事になります。