資金繰りとしての考え方は

  • 資金繰りが良い場合にこそ

    • 企業とは資金を余らせておいても意味がないです。


      内部留保、と言う形で備えるための資金も良いですが、資材、機械などの投資に使えるのであれば、検討する価値はあります。
      但し、やはり、いざと言う時に資金繰りで困ることの方が大変ですから、運用したりするのは避けた方が良いです。
      大企業ならばともかく、中小企業であれば、どうしてもそこまでの余裕はないので、予備費として確保しておいたほうがよいです。

      それが出来るならばよいですが、どうしても余裕があるはずなのにタイミングが悪く、資金繰りに問題が発生する場合があります。

      例えば、売掛金と言うのが商売ではあります。

      おすすめのファクタリングの人気度が上昇しています。

      これは要するに後払いなわけですが、仕入れの支払いよりも先とは限らないわけです。



      つまりは売った商品の代金が仕入れの費用よりも後に支払われる可能性があります。

      これは売れているわけですし、料金も払われますが、すぐではないので資金繰りとして非常にまずいことになります。

      そうしたときに一時的にお金を借りることが求められるわけです。


      別に少額であるならば、個人の少額融資でもよいですが、基本的には銀行とか信用金庫などの事業者ローンにしたほうがよいです。

      その方が金利も安いですから、極めて安心できます。



      審査は厳しいことが多いですが、見通しが立っているならば、貸してくれる可能性は極めて高いです。上手くプレゼン、事業計画書を立てて、融資を引き出せるようにすることです。
      それが事業者に求められます。