資金繰りとしての考え方は

  • 資金繰りには方法がいくつか

    • 資金繰りとは、資金を回すことをいいます。
      企業にとって、売上があっても、支払いもあるわけですから、そのタイミングが大事になります。

      ファクタリングの比較に関する情報満載のサイトです。

      どんなに多い売上でも、支払いのほうが早い場合は、資金繰りが難しいことになります。



      売上があるのだから、お金には困らないのでは、と考える人もいるでしょうが、必ずしも現金決済とは限らないからです。むしろ、企業同士の支払いの場合は掛売り、手形などが多いです。手形は割ることもできますから、それで資金繰りに使う場合もあります。
      手形を割る、と言うのは発行してもらった手形を金融機関などに持って行き、手数料を支払い、現金にしてもらうわけです。あくまで一例ではありますが、100万円の手形を持っていき、手数料を支払い、90万円にしてもらいます。そうすれば現金が手に入ることになります。
      この場合、10万円の損になりますが、資金繰りの為には仕方ないことになります。
      1割も割り引くのか、と言うのはあくまで例として挙げたので気にしないで良いです。
      要するに現金化させるために受け取った手形を金融機関に引き取ってもらう行為を割る、といいます。



      これで資金繰りをしているところが多いです。
      後は金融機関から直接、資金を融資してもらうこともあります。

      一時的な資金の問題であれば、意外と貸してくれることが多いです。どこどこに売り掛けがいくら、と言うのがはっきりしていて、回収の見込みがあればリスクが低いからです。